教育ローンと奨学金

学生が学費や生活費を補うために、借入をする学生ローンですが、この他にも教育ローンや奨学金といった、学生支援のための融資があります。ただ、学生ローンとは大きく異なる点がありますので、そこは注意が必要です。ではこの教育ローンと奨学金は、学生ローンと比べどう違うのでしょう。
 
教育ローンは、その借入額の上限が学生ローンと比べはるかに高額になります。また、その対象となるのは学生の保護者ですので、学生が借りることはできません。この教育ローンはほとんどの場合、入学費用などといった一度にまとまった額が必要なときに利用されるものです。また、その利用目的についてですが、入学金や学費などに制限されているため、生活費には使うことができません。
 
そして奨学金ですが、こちらは学生が借入をしますが、その保護者が連帯保証人となります。ただ、その返済は学生が卒業後、社会人となりその給与から支払っていくものです。利用条件としては保護者の年収や、学生本人の成績などによる制限が設けられています。また、学生ローンが一括で借入するのに対し、奨学金は月々の受け取りとなり、経済的に厳しい状況にある家庭は、この奨学金と教育ローンを併用することもできます。

融資までの流れ

20歳以上の学生であれば学生ローンを利用できます。ではその学生ローンでどのようにお金を借りればいいのでしょう。まずは、インターネットからの申し込みになります。日本全国どこにいても、ネットが繋がりさえすれば申し込みができるのです。申し込みには住所、氏名の他に、学校名や連絡先の入力が必要となります。

申し込み後に早速審査が始まります。審査は電話でのやりとりとなり、そこで収入がいくらあり、お金の利用目的、そして返済の方法や期間を詰めていくことになります。それらの条件がクリアでき、融資が可能となればお金が借りられるのです。お金は銀行振込となります。なぜなら、学生ローンの業者はATMを持っていないからです。

ATMでの出し入れができないということは、つまり返済方法も銀行振込となるのです。他にも現金書留や直接業者に赴き、手渡しという方法もありますが、一般的には振込です。また、借入額は収入の3分の1という上限が設けられています。そのため、借入の最低条件としてアルバイトをしていることが挙げられます。融資までの期間は、即日のところが多く、遅くても翌日には銀行に振り込まれます。このように、学生にとって学生ローンは大変手軽で便利なものと言えるでしょう。