未分類

学生ローンの知識

日本は今、少子化社会を迎えています。大学などの学生が少なくなっているわけですが、逆に学生一人当たりの教育費は年々高くなっているのです。しかしその学生の親御さんの収入が上がったわけでもなく、仕送りの額も少ないのが現状です。こうして、学生の学費や生活費の負担はますます増え、家計は圧迫され続けています。
 
こうした背景があり、最近は学生ローンを利用する学生も多いのです。学生ローンとは、その名の通り学生を相手にしたローンということです。学生はお金を借りる際、消費者金融での借入はかなり難しいものとなります。銀行のカードローンなども審査が厳しく学生には現実的でないローンです。しかし、学生ローンであれば比較的簡単に借りることができるのです。
 
学生ローンは20歳以上の大学生、専門学生、あるいは短大生であり、なお且つアルバイトなどで一定の収入が見込める人であれば借入が可能となります。ただ、審査にはお金の使い道が重要で、ギャンブルや娯楽目的ということであれば、審査は通りません。
 
学費や、引っ越しの費用、あるいは参考書代など学生生活を送る上で必要なものであれば審査は通りやすくなります。勉学に集中するためには、ある程度のお金が必要です。充実した学生生活を送るために、学生ローンという選択肢があるのです。

学生ローンで借入れ

今、学生を取り巻く経済的な環境は決してよいとは言えません。長引く不況感、高騰する学費、親御さんからの仕送りの額も年々減少しています。生活費や学費を賄い、やりくりしていくのは大変な現状です。こうした中、学生が気軽に借りられるローンがあることをご存じですか。このサイトは、学生ローンについて説明します。
 
学生ローンは、学生を対象にしたローンです。20歳以上の大学生、短大生、専門学生であれば、誰でも気軽に借入ができます。借入の条件としては年齢の他に、利用目的の審査や、アルバイトをしていることなどが挙げられますが、消費者金融や銀行のカードローンと比べると、融資がおりやすいローンです。借入額の上限は収入の3分の1となっていますから、継続的にアルバイトをしていることが必須となります。このように、学生ローンは学生にとって頼もしいものとなりますが、他にも学生対象の融資があります。
 
まずは教育ローンというものがあります。こちらは、入学金など一度にまとまった額の費用が必要な場合に借入れることがほとんどです。そして学生ではなく、その学生の保護者を対象にしたローンとなります。
 
次に、奨学金です。奨学金を受けている学生は多いのですが、学生ローンとはどのような点に違いがあるのでしょう。奨学金は学生が卒業後に返済を始めるローンで、受け取りは月々に分けてとなりますので、余剰金があれば貯蓄にも回せます。学生ローンと教育ローン、そして奨学金とありますが、それぞれに特徴がありますので、このサイトをぜひ参考にしてください。