学費の工面は学生ローンでもできる?学生ローンの利用方法

生徒大学や専門学校の学費は高額で、家庭の収入に余裕がないと負担となります。学費が払えず、途中で学校をやめなくてはならなくってしまったりすることもあるかもしれません。学費の工面はどうしたらよいのでしょうか?

経済的に学費の支払いが難しいようでしたら、奨学金制度が一番おすすめです。成績や家庭の収入などの条件を満たせば、大学にもよりますが、奨学金制度を受けることができます。奨学金制度は、学生の間はお金を返済をしなくてもいいような制度になっていますから、学業に専念できます。しかし、条件を満たせず、奨学金制度を受けられない学生もいます。バイトをしながら学費を払っていかなくてはならない場合、バイトの給料だけでは学費が足りなくて、お金に困ることもあるでしょう。そういったときには学生ローンを利用するのもおすすめです。学生ローンは、学費のサポートだけでなく、バイクやパソコンなどまとまったお金が必要な時にも利用できますし、海外旅行などで高額な費用が必要な時にも利用できます。保証人もいらないので、親にもばれることもありません。学生時代を楽しむためにも、学生ローンは強い味方となってくれます。今回は、学生ローンについて解説します。

学費は奨学金じゃなくて、学生ローンを利用してもいい?

大学の学費が払えなくなったなら、最悪、学校を退学しなくてはならないかもしれません。よく聞くのが「奨学金制度」ですが、いったいどういった制度なのでしょうか?

奨学金制度は、成績や家庭の収入などの条件がありますが、大学独自の制度でもあり、国立大学でも奨学金制度を取り入れる学校が増えてきています。また、大学によっては、経済面の基準もなく、成績が優秀であれば、特待生制度などもありますし、入試の結果、成績が優秀で支給される制度もあります。奨学金制度には、給付型と貸与型と2つ種類があります。給付型は、色々な給付の条件がありますが、返済は不要です。少子化で大学側も優秀な学生が欲しいことから給付型が増えてきています。最近は、受験前に申し込む「予約給付型」もあり、合格すると給付を受けられる制度になっていて、金銭面で大学進学をあきらめようかなと迷っている学生にも嬉しい制度です。

そして、貸与型は、一定期間内の返済が必要で、無利子のものと利子があるものとあります。名義が本人であっても、親に保証人になってもらう必要があります。学生の間は返済をしなくてもよいなど学生にとっては負担のないような制度になっています。とはいえ、すべての人が奨学金制度を利用できるわけではありません。学生の中には、バイトをしながら、自分で学費を支払っていかなければならないを学生もいるでしょう。そんな時は、学生ローンを利用するという手もあります。しかし、学生ローンは、借りた以上のお金を返す義務が発生しますから、毎月の返済額を無理のない設定にしておかないと、あとあと生活が貧窮していまい、勉強どころではなくなってしまします。学生ローンに関しては、学費のすべてのために利用するというよりは、教科書代や入学金などまとまったお金が急に必要になった時にサポート的に利用することをおすすめします

困った時の学生ローン

大学生や専門学生になると、飲み会や旅行などイベントが多くなります。学業が本業とはいえ、学生のうちにしか経験できないこともありますし、あとあと大人になってからもいい思い出になったり、社会にでても役立つ経験も多いものです。しかし、学生は授業がありますから、バイトができる時間も限られていてなかなかお金も稼ぐことができません。急な出費で、お金がなくて困る時もあるでしょう。

学生仲間親や友人、知人に借りたりするのはちょっと人間関係が崩れてしまいそうですよね。そこで、学生ローンを利用するのがおすすめです。学生ローンは、大手の消費者金融よりも借りるための条件が低いのが特徴です。20歳以上で安定した収入があればいいので、週2.3回のアルバイトであってもOKです。また、明細書が家に届くこともなく、実家暮らしでも親にばれません。少額であれば翌日には融資してくれる業者も多いので、急な出費にも対応できます。しかし、ATMと提携していないため、融資は銀行振り込みとなります。返済に関しても、基本は銀行振り込みなりますので、好きな時に借りたり、返済したりすることができません。とはいっても、気軽に借りられないということは、ついつい借り過ぎるということもないので安心でもあります。学生ローンは困った時の最終手段として上手に利用するのがポイントです。

学生ローンの申込方法と注意点

学生ローンを利用したいと考えた時の申込方法が気になるところです。また、注意する点などはあるのでしょうか?

学生ローンは、年齢が20歳以上の大学生、短大生、専門学生で安定した収入があれば、保証人なしで融資を受けられます。安定した収入といっても、業者によって基準は違いますが、正社員並みに週5勤務で働いていなければならないということではありません。1日4時間程度の短時間で、週2.3回程度の勤務でも問題ないところがほとんどです。また、18歳以上でも融資を受けられる業者もありますが、20歳未満は保護者の同意が必要となります。

申込方法は、インターネットから申し込みができます。住所、学校名、連絡先などの情報は、必ず正確に入力しましょう。また、学生証、運転免許証、パスポート、保険証など身分証明書の提出も必要ですが、最近は、スマートフォンで撮影してメール送信できるので、わざわざコピーして郵送する手間がありません。

審査に関しては、電話でいろいろ質問をされます。他社に借入などあれば、信用情報機関で必ずばれますので、嘘はつかずに正直に申告しましょう。そして、利用目的についても必ず聞かれます。もちろんパチンコなどのギャンブルはNGです。バイクやパソコンの購入、運転免許証取得のための自動車教習所費用、海外旅行、卒業旅行、入学金、学費調達などは審査OKです。しかし、ワーキングホリデーや留学は、その期間中返済できないという理由から、審査が通らないことがあります。

学生ローンの返済が遅れると遅延損害金、つまり利息が発生します。何度も延滞していると信用情報機関に事故情報として登録されますから、次の借り入れができない可能性があります。また、遅延履歴は、ブラックリストとも言われていますが、完済したとしても5年は情報が残り、将来的に自動車ローンや住宅ローン審査で不利となります。学生ローンは、お金がない時の救世主で便利ですが、計画的に返済していくことが重要です。大学や専門学校の学費が高額で、支払っていくのが難しいというのであれば、奨学金制度を利用することをおすすめします。しかし、奨学金制度を受けるには、成績や家庭の経済状況によって条件が決まっていますから、みんながみんな給付できる制度ではありません。しかし、入学金や教科書代などまとまったお金が必要になった時は、学生ローンを上手に利用することもひとつの方法です。

まとめ

飲み会学生時代は、旅行や飲み会など楽しいイベントも多いですし、パソコンなど必要になるものも多いです。お金がないからと我慢ばかりするのもストレスが溜まります。どうしても自分にとって必要なものであれば、思い切って学生ローンの手を借りることも将来的には自分にプラスになります。学生ローンを上手に利用して充実した学生生活を送りましょう。

 


関連記事

  1. 学生ローンで借入れ
  2. 学生ローンの知識
  3. 融資までの流れ
  4. 教育ローンと奨学金